日立投資顧問株式会社

日立投資顧問は1999年8月に創立された、比較的新しい会社です。資本金は3億円で、日立製作所が株式の100%を保有。金融商品取引業者として登録されており、証券投資信託委託業の認可を取得しています。また創立時から投資顧問業者として登録を受けています。これは顧客に対して投資判断に関する助言を行なう業者で、内閣総理大臣に登録することとされています。

日立 投資 顧問

日立投資顧問は、日立グループの年金運用を専門に行なう会社として設立されました。国内20万人超の従業員数を有する日立グループでは、年金資産も巨額に上り、その効率的な運用が極めて重要となります。日立投資顧問では、国際分散投資をはじめとして、リスクとリターンの調和が取れた、健全な資産運用に貢献しています。現在では日立製作所をはじめ、日立グループ各社の企業年金について、日立投資顧問が管理と運用を行なっています。従来型の確定給付年金に加えて、比較的新しい確定拠出年金についても、それぞれのプランに合わせた商品を企画・開発し、高度な専門性を備えた投資を実行しています。

日立投資顧問株式会社

会社名
日立投資顧問株式会社
英字表記
Hitachi Investment Management, Ltd.
所在地
東京都千代田区神田練塀町3番地 AKSビル
電話番号
03-4554-5100(代表)
代表者
川手 健
主な事業内容
投資助言・代理業・投資運用業(投資一任業務/投資信託業務)
業種

<6501>日立製作所の会社情報

会社名
<6501>日立製作所
英字表記
HITACHI
URL
http://www.hitachi.co.jp/
概要
総合電機最大手。重電でもトップ。技術力に定評。構造改革推進。
業種
電気機器
テーマ
[TOPIXコア30][重電][原子炉][原子力発電][自動車部材・部品][自動車電子化][ハイブリッド車関連][環境対応車関連][自動運転車][インフラ輸出][スマートグリッド][スマートハウス][スマートシティ][電力設備投資関連][鉄道関連][鉄道設備投資][リニア中央新幹線][リニア鉄道輸出][リニアモーターカー][ホームドア][医療機器][再生医療][ロボット][宇宙開発関連][情報セキュリティ][決済サービス][グリーンIT][ITS][石炭ガス化複合発電][石炭火力発電][天然ガス火力発電][火力発電][風力発電][洋上風力発電][地熱発電][太陽電池・太陽光発電システム][オイルサンド・シェール][クリーンルーム][省エネ支援][都市鉱山][カーナビゲーション][証券取引所システム][電子政府][サハリン2][ATM][トレーサビリティー][デジタルサイネージ][次世代ネットワーク][燃料電池関連][リチウムイオン電池][コージェネレーション][エレベーター][防衛][防災][ビッグデータ][クラウドコンピューティング][マイナンバー][データセンター][生体認証][電子マネー][MEMS][ICタグ][ICカード][IoT][M2M][REACH][人工知能][ナノテクノロジー][パワー半導体][MRAM][円安メリット][家電][液晶テレビ関連][冷蔵庫][洗濯機][エアコン][ERP][レアアース][ブレイン・マシン・インターフェース][3D映像][スマートメーター][MRI][がん検査][災害ロボット][サービスロボット][日経中国関連株50][中国関連][インド関連][ミャンマー関連][ロシア関連][中東関連][トルコ関連][イラク関連][ブラジル関連][アフリカ関連][オフショア開発][ウエアラブル端末][独立系発電事業者][エコキュート][次世代農業ビジネス][微細藻類][01銘柄][日本版SOX法][ETC][リサイクル][CO2回収・貯留][CO2削減触媒][放射能対策][海水淡水化][地上デジタル放送][国際優良株][国際会計基準][シャリア指数][攻めのIT経営銘柄][なでしこ銘柄][アベノミクス関連][電池関連][電気機器][IT関連][JPX日経400]
比較される銘柄
<6502>東芝 、<6503>三菱電機 、<6752>パナソニック

会社プロフィール

同社は総合電機の国内トップ。久原鉱業所(日産グループ前身)日立鉱山の機械修理工場が源流。広範に事業展開する反面、トップシェア製品がほとんどなく資源分散。リーマンショック後に巨額損失が続いたため、総合路線を見直し、電力、鉄道、情報システムなど社会インフラを重視する戦略にシフトしています。日立化成、日立金属、日立建機など上場子会社も多いが、子会社の統廃合などグループ再編を進めています。

過去のニュース

過去話題となった代表的なニュースをお伝えします。

2016年11月18日<6501>日立製作所が反発、NEDOの委託で、南アフリカで海水淡水化・水再利用統合システムの実証事業を開始。

同社はこの日、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)による「国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業」の枠組みにおける「海水淡水化・水再利用統合システム実証事業」の委託先に採択されたことを発表。同社は今後、NEDOと受託契約を締結し、海外初号機として南アフリカのダーバン市で実証事業を開始する。 この事業では、省エネ・低環境負荷を特長とする同社の海水淡水化・水再利用統合システム「RemixWater」の設備の設計・建設・運転を実施、事業期間は16年11月から2020年11月の4年間を予定しています。

2016年10月28日<6501>日立製作所、上期税引き前が16%減益で着地・7-9月期も7%減益。

同社は10月28日大引け後に決算(国際会計基準=IFRS)を発表しました。17年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結税引き前利益は前年同期比15.9%減の2141億円に減り、通期計画の4300億円に対する進捗率は49.8%となり、前年同期の49.3%とほぼ同水準。会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結税引き前利益は前年同期比17.7%減の2158億円に減る計算になります。直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結税引き前利益は前年同期比6.8%減の1044億円に減り、売上営業利益率は前年同期の6.4%→6.4%とほぼ横ばい。